沿革

1930 中村興市(故)が我国初の海綿輸入及び加工販売を目的とした中村商店を神戸で創業。
1950 中村商店を、現在の都島本社に移転。
1960 中村商店を法人組織に改め中村物産株式会社を設立。代表取締役社長に中村憲司(現会長)が就任。
1961 海綿及び合成スポンジなどの化粧用具を本格的に生産開始。西宮工場を新設。
1965 大阪工場を新設。
1968 化粧用具の多品種化に対応すべく、十三工場を新設。
1971 設立10周年記念として宝塚工場を新設。
1976 三喜株式会社を設立。東京銀座に東京支店を開設。
1980 創立20周年記念として本社社屋を改築。
1981 大阪工場、化粧品製造業許可を取得。
1987 米国ニュージャージー州にエルシー・インコーポレーテッドを設立。
1989 中国遼寧省に独資による営口三喜加工有限公司を設立。
1990 設立30周年記念として大阪工場を増改築。
1993 株式会社タイキを設立。
1994 大阪工場、医薬部外品製造業許可を取得。
岡山に株式会社ケナック山陽工場を建設、併せて化粧品製造業許可を取得。
1995 マレーシア ジョホールバルにラテックススポンジの生産工場として、合弁会社スーパーテックスMFG.SDN.BHDを設立。
株式会社タイキ、化粧品輸入販売業許可取得。
株式会社ケナック山陽工場、医薬部外品製造許可取得。
「化粧用塗布具の開発」により功績者表彰を田中真紀子科学技術庁長官より受賞。
「化粧用塗布具の開発」により発明協会大阪支部長賞を受賞。
東京営業所を銀座8丁目、日交銀座木挽町ビルに移転。
1996 代表取締役社長中村憲司(現会長)、「化粧用塗布具の発明考案に精励」により黄綬褒章受章。
1997 マレーシアジョホールバルにラテックススポンジの生産拠点工場として、タイキマニュファクチャリング(マレーシア)SDN.BHD.を新たに設立。
1998 中国天津の成真化粧用具有限公司と合併提携。
株式会社ユノス瀬戸(旧ケナック)工場を建設。
1999 代表取締役社長中村憲司(現会長)、「化粧料封入袋の連続製造方法」により大阪優秀発明賞を受賞。
中村物産株式会社創立40周年を迎えると共に株式会社タイキをグループの中核企業とした新体制を発足。
2001 ナカムラヨーロッパS.A.R.L.を設立。
株式会社リオラを設立。
2002 営口三喜加工有限公司、海東新工場を建設移転。
2003 フランス化粧用具メーカーのデルビル社を買収。
2004 芦屋彩丹(SALON de SAITAN)開店。
2005 ユノス瀬戸工場、リオラ岡山工場、環境マネジメントシステム規格ISO14001取得。
代表取締役社長 中村憲司(現会長)旭日双光章を受章。
タイキ化粧品(上海)有限公司設立。
2006 ユノス山陽工場、日本品質保証機構ISO9001承認取得。
代表取締役会長兼CEOに中村憲司が就任し、代表取締役社長兼COOに中村興司が就任。
2008 タイキコスメティックヨーロッパS.A.Sを設立。
2009 エルシ・インターナショナルINC.をタイキUSAlnc.に改称。
2010 設立50周年を迎える。
リオラ岡山工場を増設。
東京支店を銀座3丁目、銀座東和ビルに移転。
タイキマニュファクチャリング(マレーシア)SDN.BHD.を増築。
2011 シンガポールにTIKGシンガポールPte.,Ltd.を設立。
2013 カンボジア シアヌークビルに生産拠点工場としてタイキカンボジアCo.,Ltd.を設立。
2014 韓国にTIKGコリア Co.,Ltd.を設立。
2017 TIKGコリア Co.,Ltd.をTAIKIコリア Co.,Ltd.に社名変更。
株式会社タイキが株式会社リオラ・中村物産株式会社と合併。株式会社タイキが事業を承継。代表取締役会長兼CHAIRMANに中村憲司が就任し、代表取締役社長兼グループCEOに中村興司が就任。
大阪市都島区に本社を移転。R&Iセンターを開設。
タイキマニュファクチャリング(マレーシア)SDN.BHD.ペナン新工場を建設。
2018 内閣官房国土強靭化推進室から「認証組織の要件」に適合する旨の確認を受けた一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会の審査に合格し、「国土強靭化貢献団体認証(レジリエンス認証)」を取得。
2019 株式会社ユノス ISO22716化粧品GMP認可取得及びISO14001更新。
2020 株式会社ユノス SCMセンター新設。 創業90周年を迎える。

OEMに関するお問い合わせはこちら